しっかり測ろう!ナチュロルの正しい給餌量と与え方

高タンパク質で栄養価が高く、犬の健康を支えるのに最適なドッグフード「ナチュロル

 

健康志向の飼い主さんに今、人気のドッグフードです。

そんなナチュロルですが、正しい給餌量を与えていますか?

ドッグフードはただあげればよいというわけではなく、多すぎず少なすぎず、そのワンちゃんの適量を与える必要があります。

量によってはワンちゃんの健康に影響してくるので、予めしっかりとただし給餌量を理解しておく必要があります。

今回は、

  • ナチュロルの給餌量
  • 与えるときの注意点
  • ナチュロルに関する疑問

についてそれぞれ解説していきたいと思います。

目分量で測っていた」なんて人は、ぜひとも今日から測って与えてください。

ナチュロルの給餌量の測り方

公式サイトに載っていた給餌量の目安はこちらです。

ここから愛犬の

  • 成犬・子犬
  • 運動量が多い・少ない
  • 体重

などによって適量を計算していきます。

成犬・子犬


まず、成犬か子犬かは以下の表で判断してください。

小型犬の場合(10kg以下)
生後10ヶ月未満 子犬
生後10ヶ月以降  成犬

 

中型犬の場合(11kg以上25kg以下)
生後12ヶ月未満 子犬
生後12ヶ月以降  成犬

 

大型犬の場合(25kg以上)
生後1年半未満 子犬
生後1年半以降 成犬

 

※運動量は一日30分以上か以下で、多いか少ないかを分けてください。

成犬の場合の給餌量


成犬の場合は1日2回に分けて与えてください。

表に書いてあるとおりに給餌量を測ってください。

例えば、2kgの運動量の多いワンちゃんだったら表を見ると47gです。

2回に分けて与えるので、23.5g。

2kgの運動量の多い成犬のワンちゃんの給餌量は23,5gということになります。

 

子犬の場合の給餌量


子犬の場合は少しややこしくて、以下のようにして与えます。

  • 離乳期から成犬体重の50%までは2倍
  • 成犬体重の50%~80%までは1,5倍
  • 成犬体重の80%~100%までは1,2倍

そして、回数は1日3回に分けます。

ここでは

  • 離乳期の子犬のトイプードル
  • 成犬体重予想が5kg
  • 現在の体重が1kg
  • 運動量が少ない

ワンちゃんの場合の給餌量を求めてみます。

まず体重が1kgで成犬体重予想の半分に満たないので2倍の給餌量を与えます。

1kgの運動量が少ない場合の給餌量は23g、

23g × 2倍 = 46g

そして、1日3食で分けるので

46g ÷ 3 = 15,3333

1食分は15,3gということになります。


では次に成長して、3kgになったと仮定します。

現在の体重が成犬予想体重の50%~80%になった場合は求めた給餌量の1.5倍与えます。

3kgの運動量が少ない給餌量は46gです。

46g × 1.5倍 = 69g

又これを1日3食に分けると

69g ÷ 3 = 23g

  • 成犬予想体重が5kg
  • 現体重が3kg
  • 運動量が少ない

ワンちゃんの場合の1日の目安給餌量は23gということになります。

一見複雑に見えますが、実際計算してみると結構簡単なので、健康のためにもぜひ測って与えてください。

給餌量を測るときの注意点

ドッグフードの給餌量を測るときは目分量ではなく、「計量カップ」「はかり」などで正確に測るようにしましょう。

※はかりがない場合はお米を測る用の計量カップでも構いません。量が正確であれば何でもOKです。

ドッグフードは多く与えすぎるとカロリーオーバー担ってしまい、身体への負担が増え関節炎、椎間板ヘルニアなど重病に至る場合もあります。

また、少なすぎても痩せてしまい、栄養失調、免疫力・体力の低下などに繋がり、病気にかかりやすい体質になってしまいます。

私達飼い主のドッグフードの与え方次第で、ワンちゃんの健康を左右させていると言っても過言ではありません。

しっかりとした健康管理が飼い主の資格ですので、正しい給餌量を与えるようにしましょう。

給餌量が適量か判断する方法

給餌量は適量に与えるようにしましょうとお話しましたが、それは最初だけです。

ワンちゃんによって同じ犬種、同じ体重だとしても基礎代謝の高さ、運動量の多さなどがそれぞれ変わったりするので、一概にこのワンちゃんは◯gと断定することはできません。

それぞれのワンちゃんにあった給餌量を求めるには、与えながらの様子を見ていく必要があります。

1ウンチの硬さ

ウンチの硬さで、給餌量が適切か判断します。

しばらくナチュロルを与えた後のワンちゃんのウンチを、ティッシュや割り箸などで持ち上げて、つまめる硬さ、トイレシートに少し後が残る程度であれば、健康なウンチの証拠です。

給餌量は適量と言えます。

一方で、やわらかすぎる場合はドッグフードの与え過ぎで、コロコロと硬い場合はドッグフードが足りてない証拠です。

2体重を測る

定期的にワンちゃんの体重を測り、増減を見ます。

単純に増えていたら与え過ぎで、減っていたら少ないと考えられます。

 

以上が適切な給餌量を見る方法です。

毎日チェックしていれば、そのワンちゃんだけの適切な給餌量が分かってきます。

もし、正しい量が定まったら計量カップにマーカーで印をつけるなどして、常におなじ量を図れるようにしておきましょう。

おやつを与えた場合の給餌量

ワンちゃんの1日の摂取カロリーは決まっていて、それに合わせて給餌量も設定されています。

ここで疑問に思うことがありますが、おやつの場合はどうしたらいいでしょうということです。

皆さん、おやつはしつけのご褒美などで与えると思いますが、その場合のカロリーも考えなければなりません。

基本的に、おやつはワンちゃんが1日に必要とされているカロリーの10%以下に抑えるのが理想です。

※例えば1日に必要なカロリーが400kcalのワンちゃんの場合は40kcalに抑えるということです。

ちなみに1日に必要なカロリーは、検索すればカロリー計算ができるサイトが出てきますので、そこで測ってみてください。ただ、その数値も正しいものではないので、確実な数値が知りたい方は獣医さんに相談してみると良いでしょう。

そして、もしおやつを与えすぎてしまった場合はドッグフードを減らすなどをしてカロリー調節を行いましょう。

ただ、あまりに極端におやつが300kcalでドッグフードが100kcalといったようにはならないように気をつけましょう。

分かっているとは思いますが、大事な栄養補給はドッグフードで行っているので、あくまでおやつはおやつと分けるようにしてください。

おやつの与え方についてのアドバイス

犬は一度に沢山の量をあげるよりも、チマチマとちぎって回数を沢山あげたほうが喜ぶ生き物です。

目安としては小指に爪の半分の量で十分です。

犬には食べ物をすりつぶす歯がついていないため、基本的に何でも丸呑みしてしまします。

例え少しかけらが大きくても、少なくてもワンちゃんにとっては変わらなかったりするので、なるべく回数をあげた方が良いのです。

また、その方が少ないカロリーで喜んでくれるので、ダイエットにもなったりするのでオススメです。

まとめ

ナチュロルに限らず、ドッグフードの給餌量は健康を左右する大事なポイントです。

犬は身体が小さい分、人間の1kgと犬の1kgでは負担が全然違うので、より健康絵の影響が出やすいです。

さらに犬は声を出して訴えることができない分、私達飼い主がちゃんと気づいて上げる必要があったりするんですね。

また、ウンチの硬さや体重なども定期的に測って適切な量を毎日与えることも大事です。

ウチもそうですが、愛犬は一生のパートナーとなる存在ですから、しっかりと飼い主が守ってあげるという気持ちで一緒に歩んでいきましょうね(^^)

 

関連記事↓

ナチュロルの口コミとステマ問題についての記事はこちら